注意すること|鍵の安心利用|カメラやドアノブ交換を任せる専門業者

鍵の安心利用|カメラやドアノブ交換を任せる専門業者

注意すること

男の人

防犯カメラの設置で気を付けること

防犯カメラは犯行の状況を録画することができたり、不審者がいないかどうか確かめることができたりする他にも、設置してあるだけで、泥棒や不審者が近寄ってこないという効果があります。 その効果を高めるには、防犯カメラをできるだけ分かりやすい場所に設置しておくことが大切です。 あっこの家は防犯カメラがあるな、とわかると泥棒や不審者も犯行を断念するといわれています。 そんな便利な防犯カメラですが、注意をすることがひとつあります。それはカメラの方向が近所の人に不快にならない位置にすることです。もし隣家のカメラが自分の玄関先や庭先をとらえていてはやはり気持ちのいいものでありませんので、そのようなことにならないように方向や位置を考えて設置しましょう。

地域や、警察との連携もできます

防犯カメラはできれば、地区全体でみんなが設置するとさらなる効果があると言われています。 一軒だけより、連続して数軒が防犯カメラを設置していれば、泥棒はその町やその地区を非常に嫌がり敬遠することになり、防犯にとって非常に有効だといわれています。 もちろん本物でなくてもダミーでも防犯効果はたくさんあることで上がりますので、一工夫して近所の人と話し合って地区全体で設置するというのはどうでしょうか。 また実際に犯行の様子が録画されていても、捜査をしてくれるのは警察です。実は警察はいま防犯カメラの効果を非常に期待をしており、民家や企業で防犯カメラを設置しており、録画画像を公開してくれる協力者を求めています。 この点からも、防犯カメラを設置したら、設置した旨を生活安全課などに連絡するがいいでしょう。